株式会社ジーホワイト

床清掃

HOME > 清掃サービス紹介 > 床清掃

床材に最適な清掃で美しさを保持

床や外壁は汚れやすい部分である一方、多くの人の目につきやすい部分でもあり、定期的に清掃をする必要があります。また、こまめな定期清掃が対応年数を延ばし建物の資産価値を保つことにもつながります。

ジーホワイトでは、ビル、マンション、オフィス、店舗などの業種業態、床材や外壁材などの素材に問わず、美しい状態を保つための清掃を行います。

 

 

床・外壁清掃   床・外壁清掃

床清掃の必要性

床のワックス掛けは『美観の維持』だけではなく、『床材の保護』『集客率アップ⤴』の観点から、間違いなく必要といえます。

ワックスは、外部からの土砂や歩行の負荷から床材を守るコート剤です。定期的な作業により、施設やお店も綺麗になり集客に繋がるといえます。 ビルメンテナンスをしていく際には、どんな場所にも、一定の方法で床清掃をすれば良いというわけではありません。

床の材質によって特徴があり、それを配慮することができないと効果的な清掃ができません。ただ、この床材の知識や、それにあわせた床清掃の方法を知るということはなかなか難しく、専門的な知識が必要です。

床材の種類

化学系床材

塩ビシート

いわゆるビニールシートタイプの床材で、薬剤に強い素材ですが、ワックスをはじきやすいです。 なので定期的に清掃を行いワックスを塗らないといけません。またワックスの厚みが増すと剥離が必要になります。清掃後しばらくは汚れや、ヒールマークのように強い圧力がかかる刺激に対して、痕が残りやすくなるので注意が必要になります。

リノリウム

コルク材を使っておりアルカリに弱く、扱いを間違えると表面を傷めたりしてしまいます。剥離剤にはアルカリが混じっており剥離を行わないメンテナンスが必要となります。

石質系床材

天然石

床材として使用される天然石は様々あり、メンテナンス上の性質も異なります。また、天然石の表面仕上げによっても メンテナンスが異なってきますので、天然石の種類と表面仕上げ方法に適したメンテナンスが必要となります。 本磨き仕上げの天然石は、樹脂ワックスが密着しにくく、剥がれなど密着不良のトラブルを招くことがあります。また、 このタイプは比較的汚れにくいこともあり、樹脂ワックスは塗布しない維持管理を行います。

テラゾー

テラゾーは、樹脂ワックスが密着しにくく、剥がれなど密着不良のトラブルを招くことがあります。そのため、テラゾー に対する密着性に優れた石質系床材用樹脂ワックスを選定します。 また、テラゾーは耐酸性や耐傷付き性に劣る大理石などの砕石を使用しているため、酸性洗剤や研磨剤入りの 洗剤は、床材損傷の原因となるので、特別な作業以外に使用しないようにします。 その他の床用洗剤やハクリ剤の使用においては、特に大きな影響を及ぼすことはありませんが、使用後は洗剤成分を 残留させないよう十分な水洗浄や水拭きを行います 。

セラミック

一般に汚れ難いと言われているタイル表面が鏡面のセラミックタイルも、タイル表面には細孔(微細な穴)があり、汚れが入り込みます。この細孔に一旦汚れが入り込むと除去が大変困難となります。細孔が多いセラミックタイルは、汚れの入り込み も多く、汚れが目立ってくることもあります。 セラミックタイルのタイプによってもメンテナンス性が異なるため、施工されたセラミックタイルに応じた適切な メンテナンスが必要となります。 汚れやすいセラミックタイルにおいては、汚染防止のメンテナンスは必須となり、「防汚剤による汚れ防止」「自動床洗浄機と 専用クリーナーによる日常清掃の実施」などが必要となります。また、セラミックタイルの表面形状や汚れに応じ、適切な洗 浄剤やパッド類、洗浄機などの選定も必要となります。

セラミックタイル

一般に汚れ難いと言われているタイル表面が鏡面のセラミックタイルも、タイル表面には細孔(微細な穴)があり、汚れが入 り込みます。この細孔に一旦汚れが入り込むと除去が大変困難となります。細孔が多いセラミックタイルは、汚れの入り込み も多く、汚れが目立ってくることもあります。

セラミックタイルのタイプによってもメンテナンス性が異なるため、施工されたセラミックタイルに応じた適切な メンテナンスが必要となります。 汚れやすいセラミックタイルにおいては、汚染防止のメンテナンスは必須となり、「防汚剤による汚れ防止」「自動床洗浄機と 専用クリーナーによる日常清掃の実施」などが必要となります。また、セラミックタイルの表面形状や汚れに応じ、適切な洗 浄剤やパッド類、洗浄機などの選定も必要となります。

木質系床材

木質系床材は清掃において様々な注意点がございます。気温や湿度で膨張したり収縮したりと変わりやすくなっており、汚れがたまる場所が多かったりしています。また、そりなどによって扱いがとても難しいです。

ポリッシャーで清掃を行いますが、水に弱く水の扱いには注意が必要になります。

カーペット床

カーペットは織り方による分類、テクスチャーによる分類、繊維種による分類があり、それぞれの分類によってメンテナンスの考え方が異なるため、ハードフロアに比べてより多くの知識が必要です。

カーペットのメンテナンスはどの様な考え方が必要か、カーペットにはどの様な種類があるのか、これを知ることでそれぞれの性質に合わせた適切なメンテナンスを行えるようにする必要があります。

  • 清掃業ジーホワイトの強み
  • 清掃場所から探す
  • 清掃実績

<div class="

  • ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください
  • TEL0798-23-2131
  • お問い合わせフォーム

ピックアップ情報

prev next